マンデリンG1

¥700¥7,000

<原産国 インドレシア>
100g 700円(豆・粉)

解除
商品コード: 該当なし 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明


アジア最大のコーヒー生産国インドネシアは、世界でも有数のコーヒー豆産出国。産出される多くはロブスタ種という安価なコーヒー豆。一方のマンデリンはたった5%ほどしか生産されていないため、希少性の高さが際立っています。マンデリンG1は、インドネシアのスマトラ島トバ湖周辺で栽培される、アラビカ種コーヒー豆の銘柄。
産地は標高1800m~1900mの高原地帯。肥沃な土壌であるため、コーヒー農家のほとんどが実質上の有機栽培を行っているほか、手作業で欠点豆の除去を行うなど、厳正な品質管理を行っています。
最上級グレードの豆だけを集めた豆がG1です。苦み系コーヒーの代表的存在で、近年とくに若者を中心に人気が高いストレートコーヒー。なめらかでキレのあるコクとキリっと苦い後味。酸味は少なく、香り豊かな豆です。